エアドゥが欠航したときの対応を知りたい

せっかく楽しみにしていた旅行も、時には欠航なんてこともあります。そうなるとその時の航空会社の対応が気になるところです。
これまでは、大手のANAやJALだけでしたので、サービスもしっかりとしていますから特に気にしなくてもよかったです。
ところが格安航空会社となると、サービスの内容も変わります。やはり知っておくべきです。ここでは、エアドゥと欠航の対応について見ていきましょう。

天候が原因での欠航の場合

夏から秋にかけては、台風で欠航になりやすいです。冬場だと北海道ならではの大雪で欠航もあります。
そんなときのエアドゥの対応としては、まずは振り替え便があります。これは、無料で他の便へ変えられます。ただし、エアドゥ内の他の便へしか変更できません。欠航してから30日以内にホームページ、予約センター、空港のカウンターなどで変更しましょう。
なお、振り替え後も、振り替えした便に乗るときには欠航したときの予約が確認できるものや、振り替え便の予約番号や便が確認できるものを準備してから空港へ行きましょう。

エアドゥが責任での欠航の対応

エアドゥの飛行機がたとえば、機材トラブルなどにより欠航することもあります。そのときもやはり、振り替え便の対応ができます。この場合には他の航空会社への振り替え便も可能となります。その手配については、エアドゥ側が行いますので、任せて良いでしょう。
また、振り替え便がなくて宿泊という場合にはそのホテル代はあとから空港で領収書を出せば、お金を受けとることができます。

残念ながら欠航は多い?

国土交通省の調査によると欠航する確率を調査したところ、エアドゥは他の航空会社よりも多いとの結果が出ています。他の格安航空会社よりも対応が手厚いのも、こうしたことを踏まえているからかもしれません。

こちらの記事も読まれてみます