エアドゥは子どもにも優しい格安航空会社

飛行機で遠出したい、旅行してみたいと考える人も多いでしょう。しかし、子どもがいるとやっぱりちょっと考えてしまいます。特に赤ちゃんや幼児だと大丈夫かと思うでしょう。
北海道を拠点とするエアドゥでは、そうした不安も解決して乗れるのでしょうか。

子どもの料金はどうなっているなか

大手のANAやJALだと、まず3歳未満のお子さんは無料となり、3歳を越えて12歳未満までは半額、それ以上は大人と同額です。
エアドゥの場合もまずは、3歳未満までは無料となります。しかし、3歳を越えると大人と同じ運賃となります。
なお、3歳未満までで無料となるのも大人1人につき1人までですから、大人1人で幼児が2人いれば、1人分は大人料金を出すこととなります。

子どもがエアドゥに乗ったときに

運賃の点については、さほど他の格安航空会社はありませんが、子どもをつれて乗ったときの体験談がエアドゥでは、結構多くネットに出ています。

たとえば、飛行機によっては子どものための遊び場スペースを用意していて、待ち時間も楽に過ごせた、子どもは楽しく過ごせてよかったとの声があります。
また、飛行機に乗って子供が泣いていたら、搭乗員がすぐにかけつけてくれてあやすのを手伝ってくれた、また飛行機内に絵本がたくさんあって、子どもがおとなしく過ごせた、ベアドゥというぬいぐるみに夢中だったなど、子どもを満足させる要素もたくさんあります。
あと、授乳も飛行機内でしにくいときにさっとできるところへ案内してくれたとあり、お母さんにとっても助かったとの声がありました。

思いやりのある格安航空会社

なかなかこうしたお子さんや幼児へ配慮できるところは、他には見られないでしょう。子どもがいるとついつい他のお客さんへの迷惑も考えがちですが、エアドゥならば、安心して子どもをつれて乗れるでしょう。

こちらの記事も読まれてみます